毛皮買取の高額回収している会社

毛皮とは、動物の皮を毛がある状態のまま剥いだものですが、一口に言っても様々な種類が存在します。

ワニや蛇などとは違い、加工するとさらに素材の良さが引き立つのもその特徴で、獣の種類によっても手触りや肌触りが変わるので衣服や装飾品、バッグなど様々な分野で使用されています。

有名なのはレッドフォックス、シルバーフォックス、ブルーフォックスなどの狐です。レッドフォックスは赤狐で、赤みを帯びたオレンジの経路が特徴で、その中でもカムチャッカ産のファイヤーフォックスと呼ばれるまるで火のように赤い色のものは良質だと言われています。

シルバーフォックスはレッドフォックスの突然変異の銀狐で、現在ではすべて人工的に繁殖させて毛皮にしています。
ブルーフォックスはスカンジナビア産のものが主流であり、衣料素材として最も多く使用されるタイプで、染色が簡単なのとフォックスの中でも一番毛質が良質なのが特徴です。

次に有名なのがミンクで、現在では40種類のミンクが生産されていて、突然変異の種が出現したことにより、濃褐色以外にもホワイトやサファイア、ブラッククロスなど多種多様な色彩を表現することに成功しています。

比較的安価であり、世界各地で生産しているラビットも、非常に多く出回っています。耐久性は引低いものの、染色が容易で毛色の種類が豊富なのでその毛色毎に名称がついています。チンチラウサギ、白ウサギ、黒ウサギなどが代表的です。

そのほかには、チンチラ、セーブル、ラクーン、リンクス、オポッサムなどがあります。

毛皮は、そのままの状態を加工して衣服や装飾品に使用される他に、染色やプリント加工、毛の色を白っぽく脱色するブリーチなどを施して、素材そのものの良さと、加工することにより新たな魅力が生まれる楽しさがあります。

毛の表面に溝を作り、色々な形の模様にするグルーミング加工や、毛が少なくてもボリュームを出せるツイストなど、染色以外にも様々な加工方法があります。

毛皮は高価であるとともに、非常に取り扱いに注意が必要な素材です。

ホコリや臭いを吸収しやすく、腕時計やネックレスなどによる摩擦にも弱く、カビやダニなどにも気をつける必要がありますが、しっかり手入れをすれば十分に長く楽しめますので、シーズンオフ中などもおろそかにせず、直射日光にも弱いので陰干しするようにしましょう。

また、特徴の一つとして、リフォームしやすい素材であるため、コートで着ていたものを帽子やマフラー、バッグなどにリフォームできる楽しさもあります。

色々な形に加工されてもその美しさが衰えることのない毛皮の魅力は、いつまでも人々の心を惹きつけてやまないのでしょう。